無料ブログはココログ

« 外出禁止令後の生活 | トップページ | ロックダウン#3 »

2020年3月30日 (月)

ロックダウン7日目

日本もロックダウンもされる可能性も出てきて


外出の自粛規制が厳しくなってきてるようです。


最近では日本のテレビも生放送で見られるようになり


日本の情報が入るのも


かなり早くなってきました


Img_8380

少し早くロックダウンされたハワイですが


最初にロックダウンの言葉を聞いた時は


ロックダウンという言葉に


何か物々しさも感じ


もう外出できないのか?


もうサーフィンや海には行けないだろうな?


不安も数々ありました。


ロックダウン開始後



一部パニックになった人達が



スーパーに押し寄せ


缶詰めや米パスタ等



保存可能な食料品はほとんど売り切れました。



しばらくすると食料品の買い占めは落ち着きました。
Img_8251
米も玄米からコシヒカリがすべて揃ってます。


こちらも一人1袋まで

Img_8256

そして買い物の際には数量制限



人との距離をあける事



このような事が厳しく規制され



いろんな場所に写真のような黄色い線が引いてあります。



Img_8192_20200330120301

店内も入店規制がある場合もあるので


店舗によってはかなり空いています

Img_8255
とても優しい取り組みの中で


高齢者でも安心して買い物できる時間も設けてあります


この時間帯は高齢者のみになります。

Img_8250

ハワイでの規制に対するマナーは


とても良いように思えます。


外出禁止令が出てから


心配した事のひとつに


海に入れないのではないかという事


こちらの方も条件付きで可能になりました。

①サーフィンや水泳の際は6フィート(1メートル80センチ)の間隔を空ける事

②ビーチや駐車場で立ち止まって話をしたりしてはいけない。

③海に入った後はすぐに帰る

④同じ家で同居してる人としか行動できない


こちらの規制に対してのマナーも良く


自然相手なので海で流されたりする事もあるにもかかわらず


きちんと間隔を空け


おしゃべりな人もいつもより静か(笑)


その他同じような条件でハイキングやジョギングも可能です。


このようハワイらしい措置に感謝です。


ちなみにカリフォルニア州ではサーフィンをしてたサーファーに


$1000の罰金がかせられたそうです。


ですがたくさんの人が海に押し寄せてくるわけではありません。


今日はヒルトンの前からワイキキ沖まで泳いだのですが


本当に綺麗で驚くくらいの透明度


Img_8363

左側の桟橋が潜水艦のツアーのヒルトン前の桟橋です


通常はボートが通るので泳げません。
Img_8360

ヒルトンのラグーンも海面から魚が見える位の透明度

Img_8347

幸いハワイの恵まれた環境のため


ロックダウンになってもルールさえ守れば


屋外での運動が出来ます。


日本がロックダウンになっても


屋外での運動が許可されれば


ジョギングやウォーキングが条件付きで認められるとイイですね


特に屋外での運動は精神的と肉体的な


健康維持のためにも必要だと思います。


ですが人混みは避けた方が良いかと思います。


自分自身のため


これ以上感染を広げないためにも


そして又元気で皆様とお会い出来るように


本来はこの時期は予約のメールが殺到するのですが


予約のメールはありません


あるのはキャンセルだけ(笑)


いつものように


「〇〇さんが遊びに来てくれる」


「今度はどうやって楽しんでもらおうか?」


こんな感じに戻りたいです。


やっぱり仕事も楽しかったしやりがいがあった事



再確認しています


オンとオフ


仕事と遊びのメリハリが大切


改めて感じました。


いろんな状況の方がいて


いちがいには言えませんが


もしロックダウンされる事があれば


素直に受け入れて


一度全てを止めて立ち止まる時間にしてはいかがでしょうか?

Dsc_1391





























« 外出禁止令後の生活 | トップページ | ロックダウン#3 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 外出禁止令後の生活 | トップページ | ロックダウン#3 »