無料ブログはココログ

« | トップページ | そろそろ10年目 »

2018年10月21日 (日)

ワイアルアコーヒー

ちょっと前までのアメリカ本土やハワイで飲む

コーヒーのイメージは

薄いコーヒーをガブガブ飲む

いわゆるアメリカンコーヒーでしたが

最近はハワイにも淹れ方や豆の種類にもこだわるカフェが増えてきました。

ハワイのコーヒーと言うと一番最初に思い浮かぶのがKONAコーヒー

ハワイ島のKONA地方で栽培されてるコーヒーです。

苦味が少なく酸味が強いのコーヒーで

とても爽やかな飲み口

世界のコーヒー生産量の1%しかないので

とても希少なコーヒーなため値段も高いです。

でもハワイはコナコーヒーだけではありません。

オアフ島のノースショアーにはワイアルアコーヒーがあります。

パイナップル等のたくさんの栄養分を必要とする

豊かな土壌や雨量 日照時間等

オアフ島のノースショアーもコーヒー栽培には適した土地のようです。

KONAコーヒーよりもまろやかで酸味が少ないのが特徴


癖がなく飲みやすいコーヒーです。

ノースショアー方面のツアー ではよく立ち寄るコーヒーファクトリーでは

Img_9361001_2


ちょうどコーヒー豆の乾燥過程にはいってました。


これは実と言うよりも種ですね。


口に入れると甘いフルーツの味がします。


こんな感じでコーヒーの実の赤い皮をむいて洗ってから乾燥させた水洗式



よく飲んでるコーヒーはこのタイプが多いです。




Img_9173001_2


こちらのコーヒーファクトリーでは


あまり見かけないナチュラルもあります。


乾燥中に発酵しすぎたり


水分調整など手間がかかり大変ですが


洗わずに果肉がついたまま乾燥させるので


飲んだ時のフルーツ感や独特のコクは



初めて飲む方でも飲み比べるとすぐに分かります



Img_9172001_2


この後の焙煎で豆の色が茶色になったり黒っぽくなったりします。



個人的には豆の風味が味わえるライト~ミディアム・ローストが好みです。


このように手間を掛けて精製されたコーヒー豆も


淹れ方でかなり味も違ってきます。


最近はロボットが全てをやってくれるとか


大量生産で低価格の物を提供する事も多い反面


小規模農場で作るコーヒーや地ビール等も増えてます。


コーヒーも人間の手加減で一杯ずつ美味しく淹れる


マニュアルコーヒーがある店も多いのですが



アラモアナショッピングセンターで


ショッピングの合間や待ち合わせでよく使う店が


ISLAND BREW COFFEE


Img_9391_2

100%ハワイ産のコーヒー


コナコーヒーやマウイモカ ワイアルアコーヒー等


一杯ずつ丁寧に淹れてくれるサービスもあります。


Img_9384001_2

水出しコーヒーも本格的で旨い!!



Img_9379001_2


ラテと

Img_9387001_2

マウイモカを注文しました



Img_9389001_2

いろんな事がロボットがやってくれる時代になりつつありますが


やっぱり人間にしか出来ない事や感覚はあると思います。


そして作る人の真心で仕上がりは変わります。


そしてハワイのお土産にコーヒーはお勧めです。


日本に帰ってからも


ハワイのコーヒーを飲みながら


ハワイアン・ミュージックを聞くと


気分はハワイアン



ハワイに又行きたくなる事間違えなしです。(笑)


ノースショアーに行く事があればワイアルアコーヒー


是非飲んでみて下さい。

Img_0077_2

« | トップページ | そろそろ10年目 »

ハワイ、料理、旅行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1442204/74464010

この記事へのトラックバック一覧です: ワイアルアコーヒー:

« | トップページ | そろそろ10年目 »