無料ブログはココログ

« クアロアからノースショアーまでドライブ | トップページ | 姉妹で初ハワイ »

2017年2月24日 (金)

ハワイプランテーションビレッジ

20世紀のハワイを見ることが出来る

ハワイプランテーションビレッジ

ワイキキから西にドライブして

ワイパフと言う小さな街にあります。

Img_3674 まだハワイがアメリカに併合される前の1875年に

アメリカ本土に非課税砂糖が輸出出来る条約が出来てから

砂糖キビ産業は巨大化しました。

外からの安い労働力を集めるのに

日本 中国 ポルトガル 韓国 プエルトリコ フィリピンから


ハワイに労働者がやって来たそうです。


そんなプランテーションを再現したのが


ワイパフプランテーションビィレッジ


Img_3662 オフィスで入場料$12を払います。


10時30分スタートのはずなのに


ガイドも他のお客さんも現れません。(笑)


かなりハワイアンタイムです。


遅れても全く動じないのを経験するのも


島にいるな~って感じで良いかもしれませんね。


待ってる間は資料館のような所で


昔使ってた斧や窯


労働者の衣服等の展示品を見ます。
Img_3659_2
10時30分スタート予定が始まったのは11時近く(笑)


タイムトンネルに見立てたトンネルを渡ると20世紀


Img_3684



ツアー時間は??


と質問すると1~2時間だそうです。


1時間の時間の差は凄いですね。


どうやらその日の参加メンバーののり具合と


ガイドにもよるみたいです。
リタイアした方々のボランティアによるガイド


今回担当だったのは、やる気満々のガイド


元歴史の先生で知識も豊富で


説明するのが大好きのようです。


予想通り長めのツアーは約2時間でした。


プランテーション時代の日本人の家 フィリピン人の家


風呂屋と呼ばれる銭湯や豆腐屋もあったそうです。


日によってはおから作りの実演もやってたそうで


アメリカ本土のお客さんには興味ある内容ですね。


Img_3677
Img_3678
とにかく昔の先駆者のおかげで今の私たちと日本文化が



数多く残るハワイがある



とても実感出来るツアーです。


ハワイアンドリームクラブ



« クアロアからノースショアーまでドライブ | トップページ | 姉妹で初ハワイ »

ハワイ、料理、旅行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1442204/69745824

この記事へのトラックバック一覧です: ハワイプランテーションビレッジ:

« クアロアからノースショアーまでドライブ | トップページ | 姉妹で初ハワイ »